イスラム SHS の混乱: 警視総監がアシャンティ副地域司令官を解任

ガーナ
  • 警視総監のジョージ アクフォ ダンパレ博士は、イスラム SHS 事件をめぐり、副アシャンティ地域司令官を解任しました。
  • 学生たちは、抗議する学生の秩序を確保するために配置された機動隊によって催涙ガスを浴びせられたと言われています。
  • 副地域司令官のクウェシ・アコメア・アプラクの解任とは別に、この地域の他の2人のトップ警察官も逮捕されました

警察当局は、月曜日にイスラム高等学校で起こった混乱をめぐって、副アシャンティ地域司令官の DCOP クワシ アコメア アプラクをオフィスから解任しました。



伝えられるところによると、機動隊が催涙ガスを発射した後、アシャンティ地域の学校でデモを行っていた多数の生徒が倒壊した。また、警告射撃として数発の実弾が発射されたという報告もあります。



生徒たちは暴走路に抗議していた 事故 道路標示が悪いため、学校の前。

また読む

イスラムSHSの学生のデモに催涙ガスを発射したとして警察が告発され、スコアが病院に駆けつけた



  IGPと倒れた学生
IGP Dr George Akuffo Dampare と倒れた生徒の 1 人。ソース: Facebook/@GhPoliceService、@Joy997fm
出典:フェイスブック

乱闘のビデオ オンラインでヒットした、警察の監察官 (IGP) は、神経を落ち着かせ、事件を直接理解するために、強力な代表団を学校に導きました。 声明では IGP の訪問後に発行されたこの文書で、警察当局は、その部下が動揺する学生を統制する際に専門外の行動をとったことを認めました。

警察は、「誰も弾丸に当たったわけではありませんが、警察の事件への対応はお粗末で、群衆管理に関する標準的な操作手順に達していませんでした」と述べています。

声明は次のように付け加えた。

「その結果、地方警察副司令官、DCOP/地方司令官を務めていたクワシ・アコメア・アプラク氏は、その地位から解任され、逮捕されました。他の2人の警官、ACP /地域作戦担当官のジョージ・アンカマ氏と、ACP /スアメ地区警察司令官のアレックス・カジョー・アクアさんも、事件の徹底的な調査に道を譲るために差し止められました。」

また読む



警察軍曹が麻薬の疑いのある喫煙をビデオで捉えた

警察は、抗議している学生に催涙ガスを発射したとされている。病院に運ばれたスコア

円.com.gh 以前に報告された ガーナ警察の職員は、月曜日の朝にデモを行っていた学生に向けて催涙ガスを発射したとされています。

報道によると、催涙ガスのせいで少なくとも 30 人の学生が病院に運ばれました。



Citi News のレポートによると、2022 年 6 月 13 日月曜日に何百人もの学生が街頭に繰り出し、学校の前で交通事故が頻繁に発生していることを示しました。生徒たちは、スピードランプや横断歩道の建設を要求していました。

また、TV3 が共有したビデオには、緑と白の制服を着た男女の学生がむき出しの床に無意識に横たわっている様子が捉えられています。警察も学校当局も催涙ガスの発射を確認していないが、目撃者は、警察が群衆を制御するために学校を襲撃した後、学生が崩壊し始めたと記者団に語った.