悲しみに暮れる母親が亡くなった息子にメッセージを送ったところ、思いがけず返事が返ってきた

世界

- Taylor Thyfault が死亡し、別の男性の命を救った



- 男を救うという彼の夢は、莫大な代償を払って実現した



- テイラーは当時士官候補生として勤務していた

もしも は、2015 年 5 月 23 日に若い頃に殺害され、国のために働いていた 21 歳の Taylor Thyfault の母親である Carole Adler の悲痛な話を共有します。

Taylor Thyfault は、賢明で親切な女性、Carole Adler によって育てられました。母親と息子は仲が良く、キャロルは士官候補生だったテイラーの様子を確認するように彼に頻繁にテキストを送りました。



高校時代、テイラーはすでに目標志向で、​​将来のために 25 の目標のリストを作成しました。

彼はハワイに行って、イングリッシュ ブル ドッグを買いたいと思っていました。しかし同時に、彼は命を救いたい、そして彼のためにそこにいた人々のためにそこにいたかった.これらの素晴らしい目標は、少年の命を犠牲にしました。



コロラド州パトロールが 21 歳の士官候補生 Thyfault を訓練していたとき、2 人はハイウェイに行ってクラッシュの調査を行いました。警察は、交通停止を逃したクリストファー・ゲバースの車を追いかけていました。

男は止まることはなく、Cadet Thyfault が訓練を受けていた事故現場のそばを猛スピードで運転していました。テイラーはスピード違反の車を見たとき、近くに立っているレッカー車の運転手に逃げるように叫びましたが、命を救う時間はありませんでした。



下にスクロールしてビデオをご覧ください

このビデオでは、キャロル アドラーが 2015 年に亡くなった最愛の息子について語る、拷問のような物語を見ることができます。ビデオ全体を見て、物語の結末を見てください。



テイラーの夢が実現し、彼は命を救いました。しかし、彼の母親は、心から愛していた子供を亡くしました。



「毎日、彼にテキストメッセージを送れないときは、レンガのように私を襲います。」

キャロルは、事故の直前に彼にテキストメッセージを送ったと言い、テイラーが死んだことを知らされたとき、彼女は叫び、それを信じたくなかった.

キャロルは、テイラーは彼女の保護者であり、とても思いやりがあり、勇敢で、常に彼女を助け、彼女や他の人々に敬意と敬意を持って話している.



ある日、キャロルはテイラーの電話番号にテキスト メッセージを送信しましたが、それは彼がとても恋しかったという理由だけでした。彼女は応答を得られないことを理解していました。

しかし、彼女から返事が来ました。そして、テイラーの番号を割り当てられたのは、グリーリー警察署のケル・ハルシー軍曹でした。彼はキャロルに、彼女が軍曹にテキストメッセージを送信していること、そして彼女を失ったことを残念に思っていることをテキストメッセージで伝えました。

しかし、悲しみに暮れる母親は軍曹にこの番号を再割り当てするように依頼しませんでした。彼女は、息子が望んでいたように、彼は国に仕えていると言いました。彼は息子の夢の一部を実現しています.

ケル・ハルシー軍曹も、死んだ少年の番号を保持したかった.

キャロルは今でも時々ハルシー軍曹に彼の様子を確認するようにテキストメッセージを送っており、彼女はメッセージを受け取り、テイラーをとても恋しく思っている彼女の心を温めています.