2019/2020年から海外でサービスを実施する国家サービス要員

教育

2019/2020 年の国家奉仕のポストから、約 200 人の卒業生が海外で国家奉仕を行う機会が与えられます。



ナショナル サービス スキーム (NSS) のエグゼクティブ ディレクターであるムスタファ ウシフ氏は、アクラで開催された「ガーナにおける若者の失業問題への取り組み: 持続可能性と包括性のための戦略」というテーマで開催された全国若者の失業に関する対話で、これを発表しました。



彼は、このプログラムにより、新卒者は企業で働くために最大 3 か月間海外に旅行する機会が得られると述べました。

また読む: 強盗が夜に銀行を襲撃した日に NIB の出納係がどのように金庫室をロックするのを忘れたかという興味深い話

「National Service Global Practice Initiative」と命名されたこのプログラムは、ガーナの若者を、地域社会の発展に貢献するための普遍的な経験、アイデア、ベストプラクティスを備えた世界に露出した若者リーダーに育てることを目指しています。



派遣先の国で得た経験や技術が、その国の様々な地域社会の発展・向上に活かされることを期待しています。 」とウシフ氏は指摘した。

このプログラムは、地域の問題に取り組み、グローバルなベストプラクティスを活用して強力なコミュニティを構築するための地域の解決策を提供するために十分な準備ができているガーナのリーダーを継続的に確保することを望んでいたため、このプログラムが必要であると彼は付け加えました。

ガーナの大学を卒業した卒業生の約 50% は、国家奉仕を終えてから 2 年間仕事を見つけることができず、これらの卒業生の 20% は、国家奉仕を完了してから 3 年後に仕事を見つけることができないと推定されています。



注意: 80 年代の最も素晴らしいモデルとその現在の外観

過去 6 年間で、スキームは約 502,494 人の卒業生をさまざまな公共および民間部門の職場に送り、毎年平均約 70,000 人、2018 年には 106,000 人以上を送りました。

制度の配備は、法律 426 のセクション (3) の規定に基づいており、経済のすべての部門で国家奉仕の任務を遂行するために人員を配備するよう制度に指示しています。



今日のガーナニュース: 5 人の死亡が確認された / 集中豪雨を受けて一部の学校が閉鎖 | #イェンコム

また読む: 非常に才能があり、評価が必要な人を知っていますか?あなたの話と写真はいつでも大歓迎です。私たちを介してインタラクティブに入手してください フェイスブック ページ。